結婚式と結婚披露宴の違い

    女性は、結婚願望があったりと結婚式や披露宴のことを詳しくご存知かと 思いますが、男性の方は「結婚が決まった」となってから調べだすのでは ないのでしょうか。
    そこで、結婚式と結婚披露宴の違いがわからないという方のために、分かりやすく お話したいと思います。
    まず結婚式ですが、これは「結婚します」という儀式ですね。
    例えばキリスト教であれば、誓いの言葉や誓いのキス、指輪の交換などがあります。
    そのほかに神前式、仏前式、人前式などがあります。
    式にかかる時間は約20〜30分くらいだと思います。
    そして、披露宴はお披露目の場です。
    結婚式で無事に「結婚します」という儀式が終わって、そのお祝いをたくさんの 方で行なう、いわゆる「宴(うたげ)」です。
    お祝いですので、豪華なお食事を食べ、楽しくお酒を飲み、ケーキ入刀や、 キャンドルサービス、そして友人から、両親に向けてなどのスピーチ、楽しい余興など があり、平均すると2時間半〜3時間ほどかかります。
    最近では、結婚披露宴のことを結婚式と言っている人もいるようですが、 結婚式と披露宴は全くの別物です。
    結婚式だけで、披露宴はしないというカップルはいるでしょうが、披露宴のみ ということは、まずないでしょう。
    儀式をしないで、いきなりパーティというのもおかしな話ですので、 どちらかとなると、結婚式はするけど披露宴はしないということになると思います。

    こちらのサイトでは、結婚披露宴を開くことの別の意味について解説していました。
    ぜひご覧ください。

    ただ、結婚式は一回しかしませんが、披露宴は何回かする方もいらっしゃいます。
    身内が遠方なので、地元と身内のところと2回する方もいらっしゃいます。
    あと、身内が一緒だと友人が緊張したり気を使ったりと楽しめないこともありますので、 身内向けの披露宴と、友人向けの披露宴を2回したりと、披露宴の仕方は様々です。
    しかし、どんな披露宴でも、お二人を祝福しに来てくださいますので、いつも感謝の 気持ちを忘れずに招待した方が「行ってよかった」と思ってもらえるような 披露宴にしたいですね。
    結婚式はそれぞれお家の人の意見もあると思いますし、それぞれの家で伝わってきた 式のやり方もあると思いますので、自分たちだけで決めずに、ご両親にも聞いてみて くださいね。
    最高の結婚披露宴になりますように、心からお祈りしております。