結婚披露宴の種類

    結婚披露宴には様々な場所があります。
    ホテル、専門式場(ゲストハウスなど)、レストランなど、様々な会場があります。
    昔は結婚式を挙げたところで披露宴もという形式が多かったようですが、 今では結婚式が終われば移動するということも珍しくありません。
    結婚式はチャペルで、披露宴はレストランでということもよくあります。
    では、その会場となる場所はいったいどんなところなのでしょうか。
    まずホテルは結婚式、披露宴をそのホテル内で行なうことができます。
    そして美容室、更衣室、ドレス選びもできるホテルが多数存在します。
    ホテルは格式が高いと思われがちですが、予算をお話すれば、その範囲内で できるので、打ち合わせや当日移動がないという点ではとても便利です。
    そして、遠方からの招待客も宿泊ができますので便利ですね。
    ただ、1日に何組もの結婚披露宴を行なっていますので、メイクの時間や 控え室を使える時間など、時間に縛られることはありますが、 招待客のことを考えると、とても便利なのではないでしょうか。

    結婚披露宴の会場選びの決め手については、こちらのサイトが詳しいです。

    次に専門式場(ゲストハウス)ですが、オリジナルな式にしたい、演出を少し凝った ものにしたいなど、式場側と挙式を挙げる側の距離が縮みますのでアットホームな 雰囲気の中で式が挙げられます。
    担当者の方も親身になってくれたりと、 とても温かみを感じることができるのではないでしょうか。
    ホテルと同じく更衣室や美容室も完備されていますし、ホテルと違い 結婚披露宴のために作られた建物ですので、トイレや廊下など細かいところまで 雰囲気が行き届いています。
    1日に午前と午後の2組だけにしているゲストハウスが多いので、会場を使用できる 時間が5時程度と長く使えるのも利点です。
    ただ、宿泊施設はありませんので、提携している宿泊施設があるのか、近辺に宿泊できる 場所があるのか確認が必要です。
    最後にレストランでの結婚披露宴ですが、一番のメリットは料理です。
    どの会場より料理を選べるのが最大の特徴です。
    招待客に最高の料理を味わっていただけますし、とてもアットホームな式になりますね。
    ただし、どんなレストランでも結婚披露宴ができるわけではありません。
    結婚披露宴ができますよと言っているレストランでも慣れていないと手間取ることも あり、自分たちがリードしていかなくてはいけなくなります。
    会場装飾や、衣装やメイク、写真やビデオ撮影などを全て自分たちで行なう場合は 見積もりの作成も自分たちでしなくてはいけませんので、注意してください。
    お店の中のレイアウトもきちんと確認しておかないと、これを置いたために 新郎新婦が見えなくなる、これを使ったために、この道が通れなくなったなど、 本番になってから不具合が出ることもありますので、打ち合わせはホテルや 専門式場よりしっかりしておきましょう。
    レストランの結婚披露宴は、その後、そのレストランに食事に行けば当事のことが 思い出されます。
    記念日に同じレストランで食事をするなんて方も多いのではないでしょうか。
    子供ができてからも、そのレストランに行くことで、またその子供が同じ場所で 挙式を挙げるなんてことになると、とてもうれしいですね。

    指輪はもう準備されていますか? こちらの婚約指輪のデザインの種類についてのページもおすすめです。